その他

妊娠中や授乳中にR-1ヨーグルトを飲んでも大丈夫?

投稿日:

妊娠中や授乳中にR-1ヨーグルトを飲んでも大丈夫?

健康に良いと話題沸騰中のR-1ヨーグルト。

免疫力を高めて健康に過ごしたいのは、妊婦さんも同じですよね。

でも、妊娠中というといろいろと気を使うもの。

R-1ヨーグルトは飲んでも大丈夫?と気にしている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、妊娠中にR-1を飲んでもよいのかどうか、解説していきます。

R-1は妊娠中に飲んでも大丈夫?

R-1ヨーグルトは、乳酸菌がたっぷり含まれたヨーグルトです。

(株)明治の製品で、独自の研究開発、様々な試験の結果、体に良い様々な効果が認められています。

ヨーグルトですので、妊娠中の方も安心して飲むことができます。

妊娠中に必要な栄養素

健康を維持するためにバランスのよい栄養摂取は大切ですが、妊娠中はお母さんと赤ちゃん、二人の健康のために、特に意識して摂取すべき栄養素があります。

タンパク質

タンパク質は、血や肉となる重要な栄養素です。

妊娠中は、お母さんと赤ちゃん、二人分のタンパク質が必要です。

妊娠前の成人女性摂取目安量は、1日50g。

妊娠初期では同じく1日50gですが、妊娠中期からは胎児の成長に合わせて必要量がアップします。

妊娠中期は1日60g、妊娠後期は1日75gを目安に摂取しましょう。

食物繊維

妊娠中は、ホルモンバランスの関係で便秘になりやすいと言われています。

食物繊維は便秘の予防や解消に効果があるため、積極的にとりたい栄養素の一つです。

便秘解消には、ヨーグルトに含まれる乳酸菌も効果的です。

R-1ヨーグルトには、OLL1073R-1という乳酸菌が含まれており、腸内環境を整えてお腹の調子を整えてくれます。

カルシウム

カルシウムは胎児の骨の形成に必要不可欠な栄養素です。

妊娠中にはカルシウムが豊富な食材を意識して摂りましょう。

乳製品、小魚、大豆などがカルシウム豊富な食材です。

ヨーグルトにもカルシウムが含まれています。

鉄分

胎児への栄養は母親の胎盤から送られます。胎盤は多くの毛細血管から成り立っており、胎盤を形成するため、また、母親の赤血球を増やすために、造血が必要です。

鉄分は、その造血のために必要な栄養素です。

葉酸

血液を作るために鉄分が必要と述べましたが、葉酸も造血を促進する大切な栄養素です。

血液内の成分の一つにヘモグロビンがあり、鉄分はこのヘモグロビンの成分なのですが、葉酸やビタミンCを鉄分と一緒に摂取すると、ヘモグロビンの合成が促進されます。

R-1ヨーグルトの栄養成分は?

R-1ドリンクタイプ

スタンダードタイプです。

栄養素

エネルギー:76Kcal
タンパク質:3.6g
脂質:0.67g
炭水化物:13.9g
糖類:12.4g
食塩相当量:0.12g
カルシウム:129mg

成分

乳製品
砂糖
ぶどう糖果糖液糖
安定剤(ベクチン)
香料
甘味料(ステビア)
酸味料

R-1・宅配ドリンクタイプEX

栄養素

エネルギー   70kcal
たんぱく質   3.2g
脂質      0.6g
炭水化物    12.9g
ナトリウム   42mg
カルシウム   112mg
糖類

成分

乳製品
砂糖
ぶどう糖果糖液糖
安定剤(ベクチン)

まとめ

R-1ヨーグルトは、OLL1073R-1という乳酸菌が特徴のヨーグルトです。

妊娠中に必要なタンパク質、カルシウムが含まれていますので、妊娠中の栄養補給に効果的です。

特に妊娠中の大事な時期には、宅配タイプのR-1ヨーグルトがおススメです。

店頭で販売されているR-1ヨーグルトより、食品添加物の項目が少ないです。

人工甘味料や酸味料が不使用、カロリーが控えめ、EX製法でおいしさもUPします。

ご自宅まで届けてもらえるので、お買い物の手間がなく楽ですね。

是非、宅配タイプも検討してみてはいかがでしょうか。

R-1宅配はこちらから↓
https://www.meiji.co.jp/takuhaimeiji/commodity/r1/

created by Rinker
明治
¥3,348 (2024/02/23 19:04:22時点 Amazon調べ-詳細)

-その他

Copyright© R-1ヨーグルト大好き , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.